『アシガール』ネタバレ63戦で若君の真意?

アシガールのネタバレ63戦で若君の

決死の決断を垣間見ることになる?

 

そのような予想ができたのは、アシガール

62戦で若君が唯宛に届いたタイムマシンの

スイッチ・・・。

 

若君がタイムマシンのスイッチを唯に

送ったということは、若君が唯に対して

何をしろと比ゆ的に言っているのか?

 

その真意が明らかになるアシガール63戦

です。ここではネタバレも含まれるので、

63戦の内容を知りたくない方はご注意を!

 

能書きはいらないから、アシガールの

漫画を読みたい人は以下のリンクから。

>>>アシガールも600円分無料で読める!

『アシガール』ネタバレ63戦で若君の謝罪?

アシガールのネタバレ63戦で

若君が唯に対して、2人の婚礼の

約束を守れないと謝るのでした。。。

*出典:バズマン

これは明らかに63戦で若君が

決死の覚悟で、何かをやらかそうと

しているか、既にやらかしたという

ことですよね。。

 

唯は、若君からの預かり物

(起動スイッチ)を持ってきてくれた

久六を更に質問攻めにする。

 

唯が本当に気になっていたのは、

若君が何をしようとしているのか?

そして唯への思いはどうなのか?

 

そのようなことを唯は非常に気に

掛け、久六へ根掘り葉掘り質問を

していたのでした。。。

 

既に唯は悟っていたのでした。

 

若君が唯に対して、契りを交わした

計画通りの日には帰れない・・・

 

そして、唯が投げ捨てたタイムマシンの

起動スイッチを若君が拾っていたこと。

 

そして、若君がずっとスイッチを

密かに持ち続けていたこと・・・

 

若君が唯へ向けた”許せ”には本当に

色々な意味が込められていたのでした。

 

何か危険なことを計画しているのか?

どちらにしても納得できない唯は、

アレコレと思いを巡らせる。アシガール

63戦にして若君は唯とは別世界の人間と

なってしまうのか???

 

唯は只々怒りがこみ上げて来る。

起動スイッチをまたしてもどこかに

投げ捨てたい思いもありながら・・・

 

何か一人で思案を巡らせる。。。

ドラマ化した『アシガール』
動画1話を覗きたいアナタはこちらをクリック!

『アシガール』ネタバレ63戦で唯に秘策?

更にアシガールのネタバレを続けます。

63戦で非常に孤独感を感じていた唯。

若君への憤りを感じていた。

 

しかし、唯が思いついたのはタイム

マシーンで若君を未来の世界に送ること

そうすれば若君の命は守られる。

 

勿論、唯は未来へ戻ることはできず

若君とも家族とも二度と会うことが

できなくなる。

 

しかし、愛する若君の命を救えるので

あれば唯に惜しいものはないのでした。

若君の命 > 唯の命

 

以上のような方程式?が唯の頭の中で

描かれていたのでしょう~。

 

そして起動スイッチを唯に送った

若君も唯と同じような方程式?を

頭の中で描いていたようでした^^

唯の命 > 若君の命

 

要するに若君も唯も互いを強く

思いやり、自分の命が朽ちても

相手にささげたいということ。

 

アシガール63話のネタバレを

書きながら、非常に切なく悲しい

思いになってきました。。。

>>>アシガールも600円分無料で読める!

『アシガール』ネタバレ63戦で唯が決心?

その後アシガール63戦の場面は進む。

ネタバレをしていながら、私自身が

手に汗を握ってしまう63戦の緊迫感。

 

殿と唯が会い、若君の身の上に関して

色々と話すことになる。殿は現実的に

若君が生き残るのは難しいと思う。

 

それに対して唯は、絶対に若君が

生きていると主張し続けて・・・

 

若君救出作戦に関してアレコレと

殿や家臣たちに提案をする。

 

勿論、唯の言い分が実行可能かは

あなたの想像にお任せします。

 

そのような場面に宗鶴が、殿に

宛てた手紙が送られてくる。

 

内容は、小垣城を開城して若君を

高山の人質とするのであれば・・・

 

殿や家臣、民に攻撃することはない

っと文が綴られている。

 

殿は燃え滾る何かがあるにしても

冷静に判断しようとしている。

しかし唯は、一人キレまくっている。

 

宗鶴が若君を人質にしようとする

その考え自体を完全否定する唯。

唯は宗鶴をやっつけると固く決意。

 

一体どのような行動に出るのか

楽しみなようで、不安でもあります!

ドラマ化した『アシガール』
動画1話を覗きたいアナタはこちらをクリック!

『アシガール』ネタバレ63戦を終えての感想

アシガールのネタバレ63戦を書いて

強く感じたことは、唯の純粋さと

若君への一途な思いを強く感じました。

 

唯がとてもまっすぐなことで、

唯のお家芸がそれぞれの個性が強い

ということでしたよね。

 

本人達が、信じている道があれば

それを貫いていく。これが唯の家族の

究極的な強み。

 

そして、何があってもポジティブな

考え方をできるのも唯の良いとこです。

 

若君が窮地に追い込まれていても

どのように状況を打開するかを

常に考え続ける。

 

普通の女子高生であれば、戦乱の世に

いるだけで気がめいってしまいそう。

 

しかし、唯は戦国時代で力強く

前進し続けているのです。

何が何でも唯と若君を応援したくなる。

 

若君の命が危ういこの状況でも、唯が

何とかしてしまいそうですね。

 

また、若君の心意気や唯への愛情は

本当に半端ないですよね。自分が

危ない状況でも、タイムマシーンを

唯に返してしまう。

 

若君のような極限状態であれば

タイムマシーンを使って、自分だけ

逃げ延びることもできるのでは?

 

色々な思いをアシガール63戦で

考えてしまいますが、若君は男の中の

男だと言わざるを得ないです。

 

どうにかして若君が危険から

逃げ延びてくれることを願います。

 

今回もアシガール63戦のネタバレを

本当に楽しく書かせてもらいました!