アシガールのネタバレ73戦はココハナ2018年5月号からになりますが、最終回も近いと噂されるアシガール73戦なので若君と唯がどのような運命をたどるのかが非常に気になるところですね。

今回73戦では最初のページに若君らしき人物が満月を見つめながら、何か哀愁漂う雰囲気を醸し出しています。ナレーションで”かのひとは満月に誰を想う”という微妙なフレーズも入っているので73話の内容が更に気になります^^

スポンサーリンク


『アシガール』ネタバレ73戦で動くアノ人

アシガールのネタバレ73戦は唯が山の中でいきなり殿様や羽木家一向に出会う場面から始まりますが、若君は見当たらない。

勿論今まで姿を消していた唯に対して皆からは・・・「お前はいったい今まで何をしておったのじゃ~。」との言葉からアシガール73戦が始まっていくのです。

この先どのようになっていくのでしょうか^^

アシガールは便利な電子書籍で!!>>>

スポンサーリンク


唯登場!アシガールのネタバレ73戦で新たな展開

このアシガールのネタバレ73戦で唯から発した言葉としては、”え~っ!!何コレー!どうしてみんな山の中にいるの???”

このような驚きの声を発した唯でしたが、それもそのはずで城にいると思われた羽木家一行が何もない山の中にいるではありませんか。。。

唯は勿論一族の人達に若君の所在を聞くのですが・・・母様から”お前知らないのか?”と驚かれて・・・。

73戦にして遂に若君の所在が分かる場面で、羽木家家臣が「若君はあれから小垣城にて高山にくだりました。そして相賀へと引き渡され現在でも黒羽城に捕らわれの身になっている」。

この状況で唯は殿に”私若君をさらいに行ってきます。是非行かせてください、私には枠があります。そして、必ずや若君を無事に救出して一緒に逃げます。

殿からするとこの状況で急に無茶な申し出と感じたようですが、必死の唯を見てNOということはできずに首を傾げつつも唯の申し出を受け入れる形になるのでした。

アシガール73戦のこの場面では、羽木家の一行を生かす為に若君は自分を捕らわれの身としているという点は唯に対して諭している様子。

この絶体絶命の状況で唯は、若君を救出するためにどのような行動を取るのでしょうか??

アシガールは便利な電子書籍で!!>>>

唯の秘策?アシガールのネタバレ73戦で何が起きるか?

アシガールのネタバレ73戦は更に面白さを増してきましたが、唯が若君救出に出発することになるのでした。

母様から唯に対して、唯が若君救出に夢中なのは分かるが無理をして自分を危険な身においてはいけないと言葉を掛ける。

*出典:Pinterest

若君にとっては唯の身に何かあることが何よりも苦しいことなので、何が何でも唯自身が無事でいるべきとのこと。。。

その後アシガール73戦でも笑える場面?となりますが、爺が登場してきて唯に対して”早く若君の元へ行け!早くしないと相賀家の娘との婚礼が始まってしまうと急かすのでした。”

この言葉に闘志を燃やしたのが唯ですが・・・既に自分と婚礼を済ませて私が”めおと”だと主張をする^^

他の者達は若君が羽木家一行を守る為に相賀の婚礼を受け入れた若君だと強調するも・・・唯にとっては若君が他の娘と婚礼などとは受け入れられない事実。

唯が若君の元に走り出したかと思いきや成之から、”唯之助!北門は釘を打ち付け守りも固い。東は真っ直ぐおりて城下へ回り込んで大手門から侵入するんだ!”と伝える。

他の者達からも唯に対して激励の言葉がかけられる。「急げ!頼んだぞ!!よいぞよいぞ唯之助。行け。走れ。」。殿からもやはり戻ってきたな~と半分呆れた雰囲気で言葉が。

アシガール73戦の中盤で、唯が”シャっ”と一声出して羽木家一同を去り森の中へと駆け出していくのでした^^

『アシガール』ネタバレ73戦で動き出す羽木家!

アシガールのネタバレ73戦で唯が羽木家一向に一瞬ですが合流。唯の若君を思う熱意と前向きな態度に全員の意識が再び高まるのでした。

このアシガール73戦で久しぶりに気合が入った爺(信近)は、殿の為・民衆の為と若君が戻った後に共に暮らせる国作りをしましょうと1人で新たな場所を準備しに旅立つのでした。。。

羽木家の運命!アシガールのネタバレ73戦で新たな展開

唯の再登場でアシガールのネタバレ73戦は、羽木家に明るい材料が沢山揃ってきたような感じになってきました。

羽木家の一行も唯の存在を非常に不思議に思いつつも、皆を元気にする存在として何も深く考えずにとにかく若君の事ばかりしか考えていないと皆も微笑む。

その頃唯は山の中を走りながら・・・もう~若君は少しでも目を離すといつも他の女に狙われるから目を離すことができないと呟いている^^

そして遂に若君が捕らわれている小垣城に到着した唯は・・・現実を目の当たりにして守りの固い大手門。秘策が無かった自分の浅はかな考えを少し悔やむのですが・・・

アシガール73戦で唯は何をやらかしていくのでしょうか。。。

助っ人登場?アシガールのネタバレ73戦でいきなり登場

アシガールのネタバレ73戦で小垣城を目前にした唯は何者かに喉元へチョップを喰らう。。。唯はこの痛みに覚えがあるとしながら顔を上げると・・・

何とあやめが目の前に立っている。あやめから唯に対して「相変わらずだね~。何をやるつもりかは聞かなくても分かるけど・・・。むやみに突っ込んでも若君の所までたどり着けない」とダメ出しを喰らう。

唯は勿論・・・何が何でもいかないと若君が他の女との婚礼をしてしまう。。。とアツくなる。

あやめには秘策があるようで・・・「婚礼での岩井の舞をあやめの一座が命じられており城へ向かうところ。若君様が相賀の婿に撮られるってのに何の祝いかって思ってたんだが・・・これで面白くなってきた。」とのこと。

唯はあやめの言葉を聞くも状況をはっきりと呑み込めていない状況で呆然としているのでした。。。

『アシガール』ネタバレ73戦で若君の心境

アシガールネタバレ73戦も半分以上進んでから遂に捕らわれの身の若君が登場してきましたが、若君は小垣城の中庭で感慨にふけながら遠くを眺めている様子。

相賀家の付き人?らしき人が一人たたずむ若君の元へ来て、「忠清殿、皆が揃っており父親も早く来るように言っておられる。綺麗な満月も婚礼を祝っているようですぞ」。

無言の若君の姿は何を語ろうとしているのでしょうか?

アシガールのネタバレ73戦で若君が再び婚礼?

アシガールのネタバレ73戦で相賀家が集まった小垣城ですが、若君と姫が並んでおり婚礼が始まりそうな雰囲気。

若君は無表情で感情を見せないですが、殿や姫は非常に嬉しそうな様子が現れています。殿は「おお、これはこれはこうして並んでおるとなかなか似合いの夫婦ではないか」と言葉を発する。

姫は若君の顔を覗き込むと、そのイケメンぶりに完全に照れてデレデレ状態になるのでした。そこへ早速夫婦の杯を!という感じで婚礼の準備が・・・。

しかしこの場に及んで襖の向こう側から”相賀様お待ちを”という声が聞こえてくる。あやめの一座が舞いを披露すると婚礼を少し先延ばしにする。

「今宵は誠におめでとうございます。黒羽城下随一の一笠座にござります。この地の習わしにしてお杯事の前に福を招く月光舞をご披露致しとう存じます」と舞を始めるのでした。

途中で顔を隠した女子が異様な動きを見せる!何とムーンウォークをする女子が登場して・・・相賀家の者達は”進んでおるのか退いているのか、床が動いておるような・・・。”

婚礼や舞に全く関心を示していなかった若君でしたが、さすがにムーンウォークを見て何かを思い出したように顔を上げる。

そこで顔を見せて刀を抜く唯。「この婚礼許さんど~。わらわは月の唯姫じゃ。我が夫、忠清殿を迎えに参った!」と直球勝負の登場をするのでした。

アシガール73戦最後の場面で無茶振りを見せた唯でしたが・・・これは少し危険な登場かと思いながらも73戦がこの場面で終了となるのでした。。。

アシガールのネタバレ73戦感想を書いてみた

アシガールのネタバレ73戦は若君と唯にとっての転換点となる場面だったというのが強烈な印象です。

ようやく唯と若君が再会となりましたが、相賀陣営のど真ん中に殴り込み?した形となった唯。

危険な状況を自分で招いてしまい、もう少し安全な登場はできなかったのか?と思ってしまいましたね。

唯が若君を取り戻しに来た!と舞の中で言ったのであれば、次回アシガール74戦で秘策が出ると思われいます。

しかし唯の登場の仕方により相賀家が警戒してしまうのであれば、若君と唯は非常にヤバいことになりそうな気もしますよね。。。

危険な場面も2人で乗り切ってきた若君と唯なので、きっと無事に危険を乗り切ると思いつつも非常にハラハラする展開です。

既に次回のアシガールを見るのが楽しみです。73戦ネタバレも独自視点で書いてきましたが、長い文章を最後までお読みいただきありがとうございました!

アシガールは便利な電子書籍で!!>>>

スポンサーリンク