夜桜四重奏のネタバレは127話になりましたが、こちらは月間シリウス2018年4月号に掲載されており今月号も更に面白い漫画が目白押しです。

 

今回の127話は”ことはちゃーん!いつまで寝てるの!起きた起きた!”と起こされる場面から始まっており、ことはは夢の中から覚めないという設定から始まります。

 

いつもにも増して読めない展開になりそうなのが楽しみです^^

スポンサーリンク


『夜桜四重奏』ネタバレ127話でことは急速回復中

夜桜四重奏のネタバレ127話でことはの意識が戻らないようですが、全く気が付く様子がない中で看護師姿のおねえが”すっかり腫れも引いている”とことはの回復ぶりを確認している。

 

それに対してことはは夢を見ているようで、「んも~乗っからないでアオ・・・。」と言う感じに謎の言葉を連呼しており夢の中にいます。

 

今回の夜桜四重奏のネタバレ127話では、ことはがどこまで回復していくのでしょうか?

夜桜四重奏の電子書籍はコチラ>>>

スポンサーリンク


夜桜四重奏127話で驚きの展開

今回の夜桜四重奏ネタバレも予想外の展開になりそうで、127話でどのような無茶振りを見せてくれるかも期待されるところですね。

 

まずは警察の車に乗ったメンバー達は”瑞樹ちゃんの家はどこにあるか”と車内は大騒ぎになっていますが、確信は持っていない様子。それぞれのメンバーが好き放題を言っている感じ。

車の中では三宅ゆりあと妹の三宅ゆりね2人が、悪乗りしながら以後宜しく!と超粋がった雰囲気を見せている。

 

メンバー達は”オッケー覚えた!酢味噌で食べる方が妹さんね”と言った感じで話の展開も少し無茶苦茶と言った感じ。これらの言動に対して”誰が百合根だ!”との叫び声が聞こえる。

 

更には電話中の誰かは、うるさい!と怒鳴っている。完全に噛み合わない場面設定が更に面白さを増してくれています。

ネタバレ127話で運命の別れ道

夜桜四重奏のネタバレ127話で更に場面が変わって、看護師のおねえちゃんが”アオちゃん繋がった、フムフム”と誰かと通話をしています。

 

河原から大分離れた所でザクロちゃんの自動ゴーレム止まっちゃって、2人だと椎名さん動かせない!という謎めいた悲痛を訴えている。

*出典:Twitter

場面は戻って三宅姉妹が乗った警察の車は、前から来たバンの車と正面から対峙して危機を迎える。

 

ゆりあは車の屋根に乗ったかと思うと、正面から突っ込んできたバンに飛び移ってしまいました。結局のところバンは警察のものだったようです。

 

ゆりあはバンの屋根にしがみつきながら”アオちゃん達拾ってから行くから!と叫んで、警察のバンと共に消え去っていく。

 

その後アオちゃんは何かをビクリと感じたようで、”対妖結界が消えた”という謎の言葉を発するのでした。

『夜桜四重奏』ネタバレ127話で結界敗れる

夜桜四重奏のネタバレ127話途中から何やら怪しい雰囲気になってきましたが、謎の猫?男らしき兄ちゃんが登場してくるのでした。

 

登場場面から”・・・切っておくか。さすがに負担のかかり方が波じゃない。目ぼしい妖怪達は全て潰したことだしな”という不敵な意見を出している。

 

一体この場面から夜桜四重奏127話は、どのような展開になっていくのでしょうか?

夜桜四重奏のネタバレ127話で不吉な予感?

ここからは夜桜四重奏のネタバレ127話で少し読みにくい場面となってきましたが、対妖結界に異変が起きた後に現れてきた比泉円神が怪しげな言葉を発している場面が。。。

 

「・・・切っておくか。さすがに負担のかかり方が並じゃない。目ぼしい妖怪達は全て潰したことだしな。」

「・・・しかし枝垂の奴、俺に陰明術を与えればいずれ対妖結界を作り出すというところまで考えの回らない男でもあるまい。何かを企んでいるのだろうが・・・。関係ない思惑ごと食ってやる」

 

このような不吉な独り言?を語りながら歩いていく姿が何か恐ろしかったです。。。

夜桜四重奏127話で深まる謎解き

ここからも夜桜四重奏のネタバレ127話は続きますが、円神が何か動きを見せだした頃の話になりますが・・・色々と試行錯誤する様子が見られる。。。

 

「次元融合を食い止める為に空白の世代「34人」の人生を犠牲に動き続ける「零郷」。枝垂さんは優秀で、でも何を考えているのかよくわからない人だった。それでも34人もを犠牲にして平気な顔でいられるような人ではないんだ。」

 

「枝垂さんがどこにいるのか、今まで何を考えて行動してきたのか・・・その思惑に辿り着いたのは・・・椎名さんだ。」

 

色々な状況が絡み合いながら今後の流れが全く読めなくなってきた夜桜四重奏ですが、127話で解決への兆しが見えるのか?それとも更に複雑な状況が起きてきてしまうのでしょうか?

『夜桜四重奏』ネタバレ127話で動き出す闇?

遂に夜桜四重奏のネタバレ127話で闇の力が一気に働き出すのでした。誰も予想しなかった状況が起き出しており、瑞樹にも危険?が迫るのでした。

 

更には地域の電気がとんでしまったり、不思議な現象が起き出したりなどパニック状態になるのでした。

夜桜四重奏127話で謎のブルーレイ?

夜桜四重奏のネタバレを続けますが、127話で少しだけ流れに乗り遅れてしまいそうなフランケンシュタイン博士が登場した場面辺りです。

 

フランケンシュタイン博士は部下の一人に某写真を見せて、見せた物体がCDに見えるか、DVDか、ブルーレイに見えるか?という不思議な質問を投げかけました。

部下は青いからブルーレイに見えると答えると、アインシュタイン博士はあっさりと”うんそうだね”と回答して話は終了。部下は不思議な思いで部屋を後にする。

 

その後アインシュタイン博士は独り言?をしながら”神社、神器、鏡、そして数百年も昔からあるもの・・・そういう先入観を全て取っ払えばこれはもうブルーレイにしか見えない。

 

そしてきっとその通りだ。なぜならこれは神が作り出したものだから。。。

 

何か詩人にでもなったような言葉を繰り返しながら、アインシュタイン博士は自身の言葉に酔いしれていくのでした。

 

この後瑞樹に危機が訪れたり、円神が謎の行動を取ったりなど色々な面白みが夜桜四重奏127話では見え隠れしてきます。

 

残りは本編をどうぞ~。

<h3夜桜四重奏のネタバレ127話を書いての感想>

夜桜四重奏のネタバレ127話の感想を書いてきましたが正直なところ、展開が唐突に変化してばかりで前半は内容を掴むことができませんでした。

 

ことはに危機?が迫っているかと思いきや、127話では既に深い眠りについているだけ?という感じで何か拍子抜けしてしまうような場面もありました。

 

どちらにしても夜桜四重奏は、その拍子抜けするような展開が面白増してくれるのかもしれませんね。

 

次回の月刊少年シリウスの販売が楽しみになります^^

夜桜四重奏の電子書籍はコチラ>>>

スポンサーリンク