宇宙兄弟の最新刊もネット上で盛り上がっていますが、ネタバレ好きの当サイトで311話を楽しくまとめていきます。

 

今回の宇宙兄弟311話はモーニング11号(2018年)に掲載されており、2月末日時点での最新刊ということになりますね^^

 

今回はいきなり緊迫した状態から始まるので、興奮状態で一気にネタバレしていきましょう!

スポンサーリンク


『宇宙兄弟』最新刊のネタバレ!311話でいきなり急展開

宇宙兄弟311話のネタバレですが、やはり今回の注目点に関しては緊急手術が必要なベティの容態がどうなっているかと治療の見込みに関して。

 

そして宇宙空間という地上とは全く異なった環境での治療の危険性が、今回311話のネタバレでポイントになっていきます。

宇宙兄弟の漫画探しならコチラ>>>

宇宙兄弟のネタバレ!311話で命の危機

宇宙兄弟の最新刊(311話)では険しい表情のハガートと部下たちが、クジョーの待っていた一室に殴り込みのような勢いで入ってきました。

 

ネタバレとしても311話では一気に興奮状態から始まり、手術の必要性が出てきたベティーに関して詳しく話をしていきます。

ここでクジョーから”気胸”か”血胸”という何か重々しい言葉が出てきますが、大まかに気胸は空気が肺にたまる状態で血胸が血液が肺にたまっている状態と言われています。

 

ベティは恐らく肋骨が折れているようで、肺に穴が開いているのか?それとも血管が破れて配布金の隙間に血が溜まって肺に不要な圧力がかかっている状態のようです。

 

その後に出てくる言葉がショッキングですが、宇宙兄弟でも活躍してきたベティが何も対処をしなければ呼吸困難を引き起こして死に至るという状況に。。。。

 

まさか311話にしてベティの状況がここまで深刻になるとは・・・ハガートも言葉を失い、宇宙空間という特殊な環境も踏まえて深刻な状況に。。。

宇宙兄弟ネタバレでベティの危機!311話で下される決断とは

話は宇宙兄弟の宇宙スティーションの場面に移りますが、ネタバレ311話をしながら意外と冷静なカルロに驚きです。

 

パニックというよりはカルロもしっかりとベティの状態を把握して、しかるべき対処をしていこうという冷静な状態にあるんですね。

 

カルロは3分後に手術を始めるという報告をするが、他のメンバー達もヘルプが必要であれば手術に加わろうとしている模様。

 

カルロはエディに対して”大丈夫1人でやれる”と強気な発言をする。

 

その横では手術台に横たわって苦しそうにしているベティが、意識をもうろうとさせながら「カルロ、あんたこんな手術やったことないんじゃないの?」と呟く。

 

ここは宇宙兄弟311話ネタバレでも深刻な状況でありながら、カルロが天然?な発言をしながらカルロはベティに答える。

 

”経験あるよ。珍しく怖がってる?医師免許も持ってるし疑ってるの?”という感じの言葉をサラリと言ってのける。

 

ベティはカルロの言葉を信用できないと冗談交じりに吐き捨てたところで、カルロは手術を開始するのでした。

 

ハガードやクジョーも映像を一緒に見ており、ベティの手術を成功させる為にチーム一丸となって状況を見つめている。

 

いよいよカルロが患部を消毒、麻酔、メスを入れていくなど予想以上に落ち着いた雰囲気で手術を進めていく。

 

この状況を見ながら宇宙兄弟のネタバレを書いているのを忘れて、311話にして何か医学系の漫画になっているような気になっていきました~。

スポンサーリンク


『宇宙兄弟』最新刊のネタバレ311話で医療系漫画に!?

宇宙兄弟の最新刊ネタバレを続けていますが、311話で遂にベティの手術がカルロ執刀のもと始まりました。

 

まだ気胸か血胸かなど詳しい状況が掴み切れない状況なのか、今後どのような深刻な状況になるか気になるところです。。。

宇宙兄弟ネタバレ311話でベティの行方

宇宙兄弟ネタバレを続けると、今回の311話での中心的話題となっているベティの症状が遂に分かる場面に。

 

ずいぶんと引っ張りましたが、カルロはいたって落ち着いた表情でトロッカーをベティの切口から挿入していく。

ベティの肺?に小さい穴をあけると空気が勢いよく出てくる音が・・・”プシューッ”と聞こえてくる。この時点で気胸だったと安どの声が聞こえる。

 

その後はベティの脈も安定してきてカルロは縫合する準備に入るが、呼吸が安定してきたベティを見てカルロが安心した表情になる。

 

宇宙兄弟311話のメインイベント?であるベティの手術が無事終了して、手術室の外で一息つくカルロ。

 

平然とした態度をしてきたカルロでしたが、本当はかんり緊張・緊迫していた模様で彼の仕事人・男意気を感じるような場面でしたね^^

 

その後場面は地上の会議室に戻り、ハガード、クジョーを含めプロジェクトスタッフが向き合っておりベティの手術成功を喜んでいる様子。

 

そしてカルロが手術を見事に終えて、メンバーからはカルロが気胸手術の経験者で手際が良くて助かったと喜びの声をあげていました。

 

しかし横からクジョーが”カルロの経験には気胸手術の実経験はなかったはず”と突込みを入れるのでした。

 

更に驚いたのはカルロは人形を使った講習のみを受けたことがあったようでしたが、ベティには”手術もやったことがある”と言い切っていたのでした~。

 

クジョーは宇宙兄弟311話の中でもカルロの性格を読んでおり、命を守る為・深刻な状況の場合はできないことも”できる”に変えてしまうような奴なのだそうです!

宇宙兄弟ネタバレ311話で苦汁の決断か?

宇宙兄弟ネタバレを書いているのですが、現実世界で考えても手術終了で全てがOKな訳ではないですよね。

 

311話でもそうですが、ベティのような状態であれば引き続き治療も必要であり術後の経過も急変するもの。

 

ハガードも覚悟はできており、ベティを考慮した判断・決断をしていかなければならないと、クジョーに助言を求めるのでした。

 

この状況でクジョーは医師としての決断は既に決まっていると、即準備を整えて一瞬でも早く地上へ帰還させなければならないと助言。

 

勿論他のプロジェクトメンバーからはどよめきとあり得ないという表情が見られ、ベティがそこまで深刻な状況なのかを確認しようとする。

 

宇宙兄弟311話で状況が急変クジョーから帰還の助言が投げかけられ、医学的にベティに更なる大きな怪我が見つかる可能性や状態の変化への対処。

 

そしてCTやレントゲンでの精密検査の必要性、月面医療の限界などが説かれて311話で深刻・真剣な状況が黙々と語られました。

 

宇宙兄弟のネタバレも状況が一気に変わっていますが、政府も含めてプロジェクトチームは帰還を決断するのか、それともプロジェクトを優勢ンするのか??

『宇宙兄弟』最新刊らしく緊迫のネタバレ!311話で天文台建設中止?

宇宙兄弟現時点での最新刊である311話では、ライブら3番タンクの破裂により大けがをしたベティ。

 

命に係わるケガと月面での医療の限界を含めて、帰還がよぎなくされるような緊急事態で一瞬を争う決断が迫られています。

 

この状況でプロジェクトチームはどのような決断をするのか?そして311話にして月面天文台建設は一旦中止になるのか?

宇宙兄弟ネタバレ311話で急展開

宇宙兄弟のネタバレを続けていきますが、311話の前半ではベティの事故や手術を知らずに通常作業をしてきたムッタとフィリップ。

 

作業を終えて基地へ戻った2人はようやく伝えらることになったのですが、2人は驚きのあまり無言のまま状況把握できていない様子。

ヒューストンの決定として311話でベティも合わせて4人のクルーは地球へ帰還することになったのでした。

 

そして残る2名だけ月に残ってプロジェクトを進めることに・・・宇宙兄弟311話で状況が急展開。話は次回に続く。

宇宙兄弟最新刊のネタバレ!311話を書いての感想

宇宙兄弟のネタバレを書きながらベティの怪我に関しても意外な展開かと思っていたにも関わらず、311話でクルー4人が帰還することになったのは意外なことでした。

 

まだまだ続くプロジェクトを横目にして帰還しなければならない4名はどのような思いなのか?次回のメンバー達の反応が本当に気になります。

*出典:Twitter

これまで311話までも6人が力を合わせてきたからできたことも多かったはずなのに、その数が一気に3分の1の人数になると色々な危険なことも困難も待ち受けているのでは?

 

果たして宇宙兄弟311話の続きは、本当にヒューストンが下した決断通りに事が運んでいくのかが気になるところです。

スポンサーリンク


宇宙兄弟の漫画探しならコチラ>>>