『相棒16』13話は、女優陣の演技力が目を引く回でしたね!今回の13話、14話は、前後篇に分けてのスペシャル版。

 

ストーリーも、謎が謎を呼ぶ展開。特に女優達の役所が気になる回でもありました。相棒シリーズで未解決だった数々の謎。

 

それが紐解かれるかもしれない『相棒16』その13話のキーパーソンは、実に4人が、女優陣で構成されています。相棒のメモリアルに当たる300回スペシャル。

 

彼女達は一体何者なのか。今回は、女優陣が演じている役ごとに、紹介していきます!

スポンサーリンク


『相棒16』13話の女優は誰!?蓮妙役の高橋恵子とは!?

『相棒16』13話で実に、13年ぶりに再登場する蓮妙。演じている女優は、高橋恵子(たかはしけいこ)さんです。

 

「異形の寺」でのワンシーン。もう10年以上前なんですね。

高橋恵子さんは、1955年生まれの63才。芸歴48年以上の女優業を誇る大ベテランです。北海道出身で、小学6年生からは、府中市で育ち、現在は、東京の国立で暮らしている高橋さん。

 

デビュー前からスカウトがひっきりなしで、1970年、「高校生ブルース」でデビュー。15才とは思えない大胆な演技は、映画ファンならず、大衆の注目を集めました。

 

その後、「太陽にほえろ」など、有名なドラマ、映画に数多く出演するも、一時期、自分とは違うイメージが一人歩きすることで、女優業を引退しかけてしまう高橋さん。

*出典:Cinema Cafe

79年には、タイのバンコクに逃亡してしまったほどでした。しかし、その後、夫である、高橋伴明(たかはしばんめい)氏と出会ったことで

 

女優業に復帰。最近では、「ガキの使い」などのバラエティにも出演されていますね。

 

紆余曲折があったからこそ、『相棒16』の中でも特徴のある蓮妙のキャラを、13話でも、臆することなく演じることができたのですね。

 

大ベテランの女優さんだからこそ、できた役だと思います!

スポンサーリンク


>>>相棒16最終回放送日はいつ?

『相棒16』13話の女優は誰!?仲間由紀恵は一体!?

『相棒16』の劇中でも重要で、13話で衝撃の事実が明らかになった社美彌子(やしろみやこ)演じる女優は仲間由紀恵(なかまゆきえ)さんです。

 

テレビドラマ、「ごくせん」のイメージの強い女優である彼女。1979年、沖縄県出身で、最近では、個性派俳優の田中哲司(たなかてつし)さんとの結婚が話題になりました。

実は、スキューバダイビングと2級小型船舶操縦士の免許を持っているアクティブな女優さんで、特技の琉球舞踊は、師範代の腕前だとか。

 

誰もが知る国民的ヒロインである彼女。まだ、右京さんの相棒が、冠城くんに決定していなかった頃は、まさか、仲間さんが・・・なんて想像していました。

特命係にはならずとも、『相棒16』の流れを左右するほどの超重要人物である社。特に、13話では、彼女を観察していた、情報員、坊谷がまさかの状態で発見されるなど

 

見逃せない展開になってきました。ロシア人スパイと関係が深く、その子供と二人暮らしをしている、シングルマザーという難しい役なんなくこなす仲間さん。

 

ますます演技に磨きのかかった、素晴らしい女優さんだと思います!

『相棒16』13話の女優で話題騒然!?木村佳乃に何が!?

『相棒16』、13話で2年ぶりの登場となる、元内閣官房副長官。片山雛子(かたやまひなこ)演じる女優さんは、木村佳乃(きむらよしの)さんです。

木村さんは、1976年の4月生まれで、東京都世田谷区出身。高校在学時より、読者モデルとして活躍し、1996年に「元気をあげる?

 

救命救急医物語」で新人研修医を演じ、その高評価を受けて翌年、映画「失楽園」に出演。日本アカデミー賞新人賞を受賞します。

 

最近では、女優業以外にも、バラエティ番組でも活躍されている木村さん。そのストイックな姿勢は、ネットでも、「お腹痛い」と評価されるほどのおもしろさです。

そんな木村さんが『相棒16』で演じているのが、13話の「5人のキーパーソン」の一人、片山雛子。

 

ライバルの不祥事を糧に、のし上がっていくしたたかさと野心の持ち主ですが、高校時代の「ある出来事」がきっかけで、男性不信になり、それを隠そうとしている、一面があります。

 

そんな片山雛子が、13話ではまさかの出家。右京さんも、若干シラケムードでしたが・・・あの片山雛子が、まさか。

 

相棒ファンのみなさんなら、誰もが疑う彼女の動向。しかし、次回予告で、見事な出家の画像を披露しています。

これは、木村さんの女優魂が成せる技だと思います!

 

雑誌記者である風間と通じ、米蔵の出所を公にするなど、不穏な動きを見せる雛子。来週の14話では何を起こすのでしょう!?

『相棒16』13話!女優のキーパーソン!芦名星って誰!?

『相棒16』13話の女優陣。最後のキーパーソン、風間楓子(かざまふうこ)役の芦名星さん。本名は五十嵐彩さんというのですね。知りませんでした。

芦名さんは、83年生まれ。福島県出身で、その素晴らしいスタイルを生かし、女優業以前は、ファッションモデルとして活躍されていました。最近では、「八重の桜」に登場されていますね。

 

週刊誌の記者ながら、数々のスクープをすっぱ抜き、社の件を最初に書い風間楓。おそらく、なんらかの後ろ盾があることはわかりましたが

 

まさか、片山雛子と繋がっていたとは。13話の中盤で、蓮妙に何やら囁いた彼女。

 

『相棒16』の物語の中でも、「9つの謎」を構成する一つでもある、彼女の情報源。もしや片山以外にも、なにかしらの組織と繋がりがある可能性も・・・一体どうなるのでしょう。

 

風間の謎めいた雰囲気は、芦名さんにぴったりです。この女優さんのチョイスは、ナイスだと思います。

 

来週の14話は一体どうなるのか。楽しみです!以上、『相棒16』13話、女優陣の紹介と考察記事でした!

スポンサーリンク


>>>相棒16最終回放送日はいつ?