大草原の小さな家に出演のアルバートは、時代を超えて気になる存在なのです。その証拠に現在でもネット上では、安定してファンから検索されているんですよ。

 

この大草原の小さな家ではアルバートに対する意見は賛否両論で俳優の選出から役回り等々、私は蓋を開ければ適役だったと思っています!

スポンサーリンク


『大草原の小さな家』アルバートの過去と現在

今回の記事では”大草原の小さな家”アルバートの半生に迫り、アルバート役を演じたマシュー・ラボート―に関しても機会があれば、次回の記事で検証していければと思います。

 

能書きはいらんから大草原の小さな家を見たい人は、以下のリンクから便利な視聴方法を紹介しています。

>>>『大草原の小さな家』最終回で街が木端微塵?気になるアナタはこちらをクリック!

スポンサーリンク


『大草原の小さな家』アルバートが愛したアレとは?

不滅のドラマ、大草原の小さな家に出演したアルバートは紆余曲折な人生でした。人によっては、アルバートがグレただけ。そのような厳しい見方をする人もいますね。

*出典:NAVERまとめ

ドラマとなると登場人物を美化したくなる傾向にあるので、アルバートを厳しく見るのも否定はできない現実かもです~。

 

アルバートは、幼いころから茶目っ気アリの可愛らしい男の子でしたね。小さなウォルナットグローブでも有名な男の子でしたよね。

 

っと言えても・・・当ブログ管理人もウォルナットグローブのような小さい田舎出身ですが、小さい町だとお互い顔見知りなんですよね^^

 

特に大草原の小さな家のように小さい町を舞台とすれば、アルバートが町で有名というよりは皆が家族の一員となるのが当然かもしれません。

『大草原の小さな家』アルバート波乱の人生

大草原の小さな家では、アルバートに本当に色々なことが起きる設定になっています。波乱万丈、下手したらアルバートの命も?

危うくなるのでは?などとも感じさせられました。アルバートが大草原の小さな家でショックを受けた出来事と言えば、アルバートが思いを寄せていた女の子がいましたよね。

 

何とアルバートの好きな女の子は、変なオジサンに倉庫で襲われて妊娠してしまう。この妊娠劇だけでもかなり悲惨なのに・・・。

 

アルバートの好きだった女の子はその後、妊娠させられた男にまたしても襲われてしまい、命まで奪われてしまうのでした。

 

このような状況で、アルバートはどれほど複雑な思いを持っていたのでしょうか?年頃のアルバートにとっては、ショックを超えて惨劇としか言いようがないですよね。

 

今でこそ、このような事件は表沙汰、警察沙汰になり取り締まられています。しかし、大草原の小さな家の時代背景では、このような事件は命を奪うまではなくとも多発していたのかも?

 

心温まるホノボノとしたドラマの中にもこのようなアメリカ社会を描写した場面もあったんですね。。。

 

大草原の小さな家の中で、この事件によりアルバートの人格に何が起きたかは推し量りきれませんが、現実世界であれば色々な心の傷が残ることでしょう。。。

『大草原の小さな家』アルバートの過失?

大草原の小さな家に登場したアルバートですが、更には人の命に係わる事件にも関係があったんです。

 

アルバートが、火事の原因を作った出来事もありましたよね。しかも、その火事でガーベイ夫人とメアリー(ローラの姉)の赤ん坊が亡くなりました。

 

この事件?事故?に関しては納得しきれない。あの状況の中で、アルバートは火事の原因が自分にあると言えればよかったのですが・・・

 

結局のところアルバートも正直に自分がした過失に関する告白もできない。この出来事は、大草原の小さな家でも煮え切らない場面。

 

そしてアルバートは、残りの半生をこの心の傷を抱えながら生きていくという悲しい人生を送るのでした。。。

 

私がアルバートだったら・・・と考えると、怖すぎてアルバートと同様の行動を取ったかもしれまっせん。

 

しかし冷静に判断すると、このような形で解決?もみ消す?のは大草原の小さな家の中では少し残念な結末。

 

あなたはアルバートの取った決断は正しかったか、もしくは違った行動ができたのでは?と思いますか?

『大草原の小さな家』アルバートは薬と仲良し

大草原の小さな家でアルバートは、ウォルトナットグローブを一度出ていった時期がありましたね。

アルバートは色々な経験をしながら、モルヒネ依存症となりましたね。大草原の小さな家の時代背景を見ると、そんなに薬を買うお金があった?

 

そのような思いが湧いてくるのは私だけでしょうかね?依存症なので、アルバートくんはモルヒネに大分お世話になっていたのでしょうね。。。

 

その後は、某きっかけによりアルバートが医者を目指すことになりましたね。

 

いつの間にアルバートがそんなに優秀に?このような形でアルバートは、医者の卵としてウォルナットグローブへ帰還。

 

故郷に骨をうずめて、医者として安泰な生活を送るかと思われました。ここでもアルバートには悲劇が。大草原の小さな家の展開も人の命が軽々と。。。

 

アルバートは白血病にかかるのでした。現代社会でも難しい病気なのに、この時代背景だと不治の病と言えましたよね。

 

そして、アルバートの人生が終わっていく。アルバートの半生を振り返ると、まさに波乱万丈な感じがしましたよね。

 

このドラマを本編を視聴したいアナタは、当記事内にあるリンクからフジテレビ系動画配信のFOD簡単登録で即視聴開始可能です。

『大草原の小さな家』アルバートの半生への感想

大草原の小さな家のアルバートに関して改めて振り返りました。いや~思春期を過ぎてから良い話がなかったような気もしますね^^

 

私もヤンチャな幼少期・思春期を過ごしたのですが、アルバートは比べ物にならないほど激しかったですね。

 

この大草原の小さな家の時代的に仕方がなかったのかもしれませんが、アルバートが直面する過酷な現実や自分が荒れていく姿など。。。

 

色々と考えさせられることが多いドラマでもありました。今後も大草原の小さな家のようなヒットドラマが出るかは本当に謎ですね。

 

今後も色々な形でドラマのレビューをして行くので楽しみにしてください!!

>>>『大草原の小さな家』最終回で街が木端微塵?気になるアナタはこちらをクリック!

スポンサーリンク